<1月>心屋リセットカウンセラー りかぽんの子育てコラム

心屋リセットカウンセラーのりかぽんです。

皆さんは年末年始、どのようにお過ごしでしたか?

日頃、お仕事をしている親御さんも子どもと過ごす時間が増えるとき。
嬉しい反面、イライラしたり怒りっぽくなったりすることもあるかもしれませんね。
まあ、親といえども人間ですから仕方ありません(^^)

ただ「仕方ないか~」と流せず、
こんな私はダメだ
どうしていつもこうなってしまうんだろう
怒りの感情が収まらない
そんな状態が続いている場合は、あなた自身からのSOSのサインかもしれません。

毎日頑張っている私、知らず知らずのうちに無理をしている私、家族や周囲の人が優先で後回しにされている私が、放っておかれて泣いている、それに気づいて欲しがっている、という感じです。
私もそんな経験をしてきた1人なんですが、以前よりは確実にSOSに気づくことができるようになって、子育て中のイライラも減ってきました。

良ければ試してみませんか?キーワードは自分を「許す・認める」です。

まず1つ目に、イライラの下にある本音を感じて、そんな自分を許して認めてください。

例えば「子どもが泣いて甘えてくるとカーっとする」場合。
頑張り屋の人はつい、こんな事位でカーっとしてはいけない、怒鳴ってはいけないと自分の感情に蓋をしようとしていませんか?
でも、感じることに良いも悪いもありませんよね。
まずは「今、腹立たしいと感じているんだな」とそのまま認めてあげてください。
ここを我慢すると、逆に後々感情が爆発んです(笑)

次に、その怒りの下にはどんな本音(感情)があるのか、親友になった気持ちで寄り添ってみましょう。

なぜそんなにカーっとするの?
子どもが泣くと思い出す場面がある?
我慢して誰かに言えなかったことがあるんじゃないの?
という具合に。すると「責められているような気がして悲しい」とか「小さなころ甘えられなかった自分を思い出して苦しい」ということに気づくかもしれません。
そんな大切な本音に気づいたら、やはり許して認めてあげてください♡
悲しかったね~、苦しかったね~と口に出して言ってみると更に効果的です。
自分自身に「わかってもらえた」という実感が増すんです。
お風呂の中ならば誰にも見られませんしリラックスできるのでおススメです。

わかってあげるだけでも、かなり怒りの感情が落ち着く人もいます。
自分の気持ちに寄り添い認めてあげる時間、大切にしたいですね。

次回は、2つ目の「好きなことをしてやりたくないことはやめる」についてお伝えします。

関連記事

話題をチェック!

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。