富士市唯一のクラフトビール専門店 BEER JAM のビールの話

皆様こんにちは。ビール屋としです。
今回は、ラガービール後編、「ラガーの一族」ということで、一族の紹介をしていきたいと思います。
まず一族の代表ともいえる「ピルスナー」を紹介します。

ピルスナーの発祥地はチェコのピルゼンです。
「えっ⁉ドイツじゃないの?」と思うかもしれませんが、ドイツじゃないんです。
チェコなんです。
ドイツの醸造家がドイツの技法を使って、チェコでビールを造ったら、奇跡の一杯が出来上がってしまった。それが、ピルスナーなのです。
後に、そのドイツ人が本国に戻り、造ったものが、「ジャーマンピルスナー」、そして、
チェコの元祖が、「ボヘミアンピルスナー」と呼ばれるようになりました。

ボヘミアンピルスナーといえば、「ピルスナーウルケル」です。

BEER JAM では、ボトルでご用意してありますので、是非飲んでみてください。


お次は、「ドルトムンダーエクスポート」です。

ドイツ最大のビール生産都市ドルトムントが、ピルスナーに刺激を受けて、造ったビールが「ドルトムンダーエクスポート」です。

サッカー日本代表香川もこのスタイルのビールを飲んでました。

たぶん。BEER JAM では、ベアレン醸造所のクラシックが同じスタイルになりますので、これを飲んで、ワールドカップ応援しましょう。
ちょいちょい店の宣伝もさせてもらいつつ、こいつらの説明も外せないぜ、「ヴィエナ」「メルツェン」「オクトーバーフェスト」を紹介します。

ヴィエナはオーストリアのウィーンで生まれました。
思わずヨダレが出るくらい旨味があると言われています。
このヴィエナのレシピがミュンヘンに渡り、
これをベースにオクトーバーフェストに備えて3月に仕込むということで、ドイツ語の3月という意味のメルツェンと呼ばれるようになりました。

また、オクトーバーフェストはメルツェンを飲み干すイベントである為、「メルツェン」を「オクトーバーフェスト」と呼ぶことがあり、同じスタイルとして扱われていました。
まだまだ一族には、「ヘレス」や「ボック」「ダークラガー」などがありますが、とりあえずラガーの中心を担う一族を紹介しました。

ラガーは説明してもしきれないくらいの世界一の一族です。
とても繊細で神経質、さらにはすべてのバランスを大事にする気難しい一族です。
もう少し突っ込んだ話が聞きたい人は是非お店でお訊ねください。

次回はエール(上面発酵)とは何ぞや?をお送りします。

BEER JAMショップページはこちらをクリック
https://fuji.link-town.jp/shop/264/

関連記事

話題をチェック!

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る